昨日公表された商業省の統計によると、昨年カンボジアからタイへの輸出は2015年と比較すると46%も急増し、近隣諸国からの輸入はわずかに減少したという。
カンボジアからタイへの輸出総額は前年の6億3900万円から12月末までに9億3600万ドルに達したという。
しかしながら、輸入は同期間で6%減少し、総額は4億6000万ドルとなった。
2国間の貿易総額は年々少しずつ減少し、現在は約5億6000万ドルであるという。

商業省のセオン・ソファリー報道官は、タイとの貿易不均衡はまだ大きいが、カンボジアからの輸出の増加は国内需要を満たすだけでなく、カンボジアの生産能力に投資することも意味していると述べた。
カンボジア製品への海外投資家や国内投資家の増加に伴い、我々は生産能力の強化を継続すること、続けてタイへの輸出増加を求めているという。
国内での製造物は輸出のためだけでなく国内市場のためでもあり、輸出への依存はわずかに少なくなってきている。
ソファリー氏は加えて、商業省は昨日プノンペンで開かれた貿易展覧会などを通して2国間の貿易を促進し続けると述べた。その展覧会ではタイの企業220社の商品が展示された。


http://www.phnompenhpost.com/business/exports-driving-shift-thai-trade