カンボジアの気候はどう?季節ごとの天気とおススメの服装を紹介

カンボジアの気候はどう?季節ごとの天気とおススメの服装を紹介
カンボジアの気候はどう?季節ごとの天気とおススメの服装を紹介


カンボジアに仕事や旅行で行く方は天気や気候が気になる方も多いのではないでしょうか?「カンボジアはずっと夏らしいけど服装はどうしたらいいの?」「旅行のベストシーズンはいつ?」など気になることはたくさんあると思います。今回はカンボジアの天気と気候、そしておススメの服装を紹介します!

 

カンボジアの気候

 

カンボジアは熱帯のモンスーン気候に属しており、年間を通して高温多湿です。気温の変化が少ない土地なので、1年を通して日本の夏のような気温です。

 

カンボジアの天気

 

カンボジアは日本と違い四季はなく、雨季と乾季に分かれています。

 

カンボジアの雨季(6月・7月・8月・9月・10月)

 

カンボジアの雨季は6月~10月の間です。雨季といっても一日中雨が降り続けるということはなく、「スコール」という激しい雨が一日のうち1~2時間ほどだけ振ります。気温は32~34℃程度、雨量はひと月に200㎜です。

 

夕方から雨が降る確率が高いので観光をする際は早めに出発して、早めに帰ってくるのが良いでしょう。また、雨は突然降りだすことがほとんどです。雨具を携帯していつでも対応できるようにしておきましょう。

 

カンボジアの乾季(11月・12月・1月・2月・3月・4月・5月)

 

カンボジアの乾季は11月~5月です。11月~1月頃の乾季の前半は最高気温が30℃前後で、雨もほとんど降らずカラッとしています。この時期は年間で最も過ごしやすい時期となっています。後半の2月~5月にかけては少しずつ雨が降り始め、気温が上がってきます。

 

カンボジア、観光のベストシーズン

カンボジアの観光のベストシーズンは11月~1月頃です。乾季の雨が少ないこの時期は気温も30℃前後でカラッとしています。しかし、日差しが強いので日焼け対策や水分補給をしっかりするようにしましょう。

 

雨季に観光する場合も、良いポイントがたくさんあります。雨季の時期は日が長くなるので、早朝から観光を楽しむことができます。ベストシーズンから外れているため、飛行機代安く、観光客も少なく、レストランやホテルの予約に困ることもありません。

 

カンボジアでおすすめの服装

 

年間を通して日本の夏のような気候ですので、基本的に半そで短パンで問題ありません。しかし、いくつか気を付けたいポイントがあるので紹介していきます。

 

日よけ対策

 

カンボジアは日差しが強く、遺跡観光などに行くと日影のない場所も多いので、日よけ対策が必要です。大きめの帽子やサングラス、サッと羽織れるカーディガンなどを持っていくといいでしょう。

 

厳粛な場所での服装

アンコールワットなどの遺跡を観光する場合、神聖な場所を訪れているという節度も必要です。特に観光施設では肌の露出が多いと入場できない場所があります。

 

肩や膝が隠れる洋服を着ていくのが無難です。また、観光地でお堂や寺院に上がる時は靴や帽子を脱いで上がるようにしましょう。

 

カンボジアのドレスコード

カンボジアのドレスコードは他の国に比べて厳しくありません。高級レストランや高級ホテルなどでも、基本的にドレスコードはなく、ゆるい恰好をしているからといって入店を断られることはありません。

 

観光だけでなくビジネスシーンでもノーネクタイ、カッタースタイルで済むことが多いです。しかし、先に述べたように寺院など厳粛な場所では注意が必要です。

 

まとめ

 

 

カンボジアは1年中、日本の夏のような気候です。日焼け対策や水分補給をしっかり行い、厳粛な場所では節度のある服装でいくことで快適に楽しむことができます。カンボジアに行く方は要チェックです!

※この記事に記載されている情報は2018年5月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。
 

関連記事

Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

「炭火横丁」はプノンペンに2店舗を構える七輪焼肉店。七輪の炭火で焼く焼肉は最高に旨い!焼肉以外にもサイドメニューとアルコールメニューが種類豊富。品質の高いお肉をリーズナブルな価格で楽しむことができます。カジュアルな食事会や飲み会におすすめ。

店舗詳細ページを見る

日本語が堪能なカンボジア人弁護士と日本人スタッフ常駐。当事務所は、カンボジア政府や警察・軍隊関係者とも強固な関係を築いており、迅速かつ適正な値段での法務支援・問題解決を支援します。​カンボジア国の問題は、カンボジア人弁護士にお任せするのが1番です。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

店舗詳細ページを見る

五感が全て満たされる、イタリアと同じ素材・同じ料理をプノンペンで。プノンペンのイタリア人経営のイタリアンレストラン。一軒家を改装した店内はクラシカルでありながら、襟を立てずにゆったりとできるカジュアル空間です。一期一会の心を秘めて、お客様をお出迎えします。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで各国大使館御用達のフレンチレストラン「オープンワイン」。高級フレンチですがランチはコースで14ドルと日本に比べてかなり安い価格です。日本人からも人気が高く、会食や接待、友人とのお食事など、どんなシーンにもおすすめ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンにある日系ホテル「東屋ホテル」の露天風呂。カンボジアでサウナと水風呂も利用できちゃいます。また、東屋ホテル宿泊者だけでなく、5ドルでビジター利用も可能。お風呂にゆっくり浸かって日々の疲れを癒すことができます。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories