ちょっと優雅な朝食を!プノンペンで人気の「ケーマ(Khéma)」

ちょっと優雅な朝食を!プノンペンで人気の「ケーマ(Khéma)」
ちょっと優雅な朝食を!プノンペンで人気の「ケーマ(Khéma)」

最近、出勤前の朝に活動する「朝活」や優雅な朝食で1日を始める「朝文化」が注目されています。

プノンペンでも、休日や出勤前にカフェやレストランで朝食やブランチをする方も多いのではないでしょうか?

 

実はプノンペンは美食の街。

まるで違う国にきたかのようなテラス席のあるカフェや朝からリッチな時間の流れるレストランで朝食メニューやブランチメニューを楽しむことができます。

 

今回は、そんな中でもおすすめのプノンペンで人気の「ケーマ(Khéma)」というカフェレストランに実際に行った様子を紹介します。

ちょっと優雅な朝食、いったいどんな感じなのでしょうか♪

Khéma

「ケーマ(Khéma)」はカンボジアに住んでいる人なら誰でもしるフランス系の有名カフェレストラン。

カンボジアの首都、プノンペンに3店舗とアンコールワットのある観光地、シェムリアップに1店舗の4店舗あります。

朝食だけでなく、アフタヌーンティーやワインとディナーのメニューもあり、デリとしてソーセージやチーズの販売もしています。

 

今回行ったのはプノンペンの中心地にある「ケーマパストゥール (Khéma Pasteur)」。

「アルンリース(Arunreas)ホテル」の1階にあります。

「Khéma Pasteur」の場所

「ケーマパストゥール (Khéma Pasteur)」は228ストリートとPasteur通りの角に位置しています。

近くには日系の東屋ホテルやプリンスタワー(旧 プノンペンタワー)、有名クラフトビールバー「ホップス」などがあるのでわかりやすい立地です。

お店の様子

プノンペンで人気の「ケーマ(Khéma)」

 

早速店内に入ってみます。

さすがはホテル内のレストラン。シックで高級感のある大人な雰囲気です。テーブル1つ1つにはテーブルクロスが引かれ、1輪のバラが飾られています。

朝からリッチな気分になってきますね。自然と笑顔になってしまいます♪

 

お店に行ったのは中国旧正月前の1月、フランス系のカフェレストランで中華系のランタンが飾られているのが少し気になります(笑)

でも、そんなことはどうでもいいっ!てほど、優雅でリッチな雰囲気です。

入り口から入って右手奥にはハムやソーセージ、チーズも販売されています。

 

プノンペンで人気の「ケーマ(Khéma)」

チョコレートやケーキ、マカロンも販売されてます!

朝食を食べて、午後のおやつにこれをテイクアウトするのもいいですね。見てるだけでワクワクしてきます。

個人的に気になったのは人目を引くオレンジ色のハイヒール。どうやって作ったのか、何味なのかとても気になります。

 

ハイヒールの値段は表示されていませんでしたが、マカロンは1ドル(約110円)、ボンボンショコラが5ドル(約550円)、ケーキは約3ドル(約330円)〜購入することができます。

フリーフローブレックファスト

プノンペンで人気の「ケーマ(Khéma)」

 

「ケーマ(Khéma)」では、朝食の単品メニューもありますが、ポステスタッフのおすすめは、11.9ドル(約1300円)で楽しむことができるフリーフローブレックファスト(Free Flow Breakfast)という食べ飲み放題のコースです。

今回は2人で利用したのでその様子をご紹介します!

 

食べ飲み放題は、メニューの中のフード、ドリンクはもちろん、入り口付近にあるベーカリーコーナーから自由にパンなどを取ることができます!

ベーカリーのパン以外はテーブルオーダーシステムなので、席に座ってゆっくり食事をすることができます。

 

プノンペンで人気の「ケーマ(Khéma)」

こちらがベーカリーコーナー。

定番のクロワッサンからレーズンパン、チョコレートパン、ドーナッツまであります!!

これが食べ放題とは驚きです。

 

プノンペンで人気の「ケーマ(Khéma)」

隣にはバゲット、クレープやマフィン、クイニーアマンやサクリスタンなどもあり、どれにしようか迷ってしまいます。

こちらに並んでいるパンなどは単品で購入して持ち帰りも可能ですが、食べ放題に含まれているのは嬉しいですね!

 

プノンペンで人気の「ケーマ(Khéma)」

ベーカリーのパンが食べ放題ですが、テーブルにもバゲットが用意されています。

お店の丁寧なサービスや豪華なビュッフェに感動しながらベーカリーから取ってきたクロワッサンやクレープを食べていると、オーダーした料理が運ばれてきました!

 

手前がオムレツ、右奥がフレンチトースト、左がホワイトオムレツ(白身のみのオムレツ)です。

ふわふわのオムレツはとても美味しいのですが、かなりボリュームがあってお腹いっぱいになってしまうので、シェアすることをおすすめします。

また、ケチャップなどは何も付いていないので、物足りないという方はリクエストをするといいかもしれません。

 

フレンチトーストは表面だけ卵液がついていて、ふわふわでシナモンが効いています。

こちらもボリュームがありますが重たくないので食べやすいです!

 

他にもエッグベネディクトやスクランブルエッグ、クイティウやバイサチョークなどのカンボジア料理、ヨーグルトやパンケーキもあります。

ドリンクはコーヒー、紅茶、フレッシュジュースなどがあり、もちろんこちらもおかわり自由。

ドリンクはフードのボリュームと比べて少し物足りない気がしたので、おかわり自由はありがたいです!

 

オムレツのあまりのボリュームに他の料理をあまり食べることができず少し残念でしたが、どれも美味しく、サービスも行き届いていて優雅な朝食を楽しむことができました!

まとめ

今回は「ケーマ(Khéma)」の朝食ビュッフェをご紹介しました。

 

全体的にボリュームたっぷりなので、色々試してみたいという方はシェアすることをおすすめします。

3〜4人で行くと、いろいろな料理をシェアできて、楽しさ倍増かもしれません。

 

高級感溢れるフレンチレストランで楽しめる朝食ビュッフェ、11.9ドル(約1300円)で楽しめるので優雅な朝食を楽しみたい、休日にゆっくりブランチをしたいという方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

詳細情報

Khéma Pasteur

Khéma La Poste

Khéma Norodom



行きたいお店を見つける
もっと見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

五感が全て満たされる、イタリアと同じ素材・同じ料理をプノンペンで。プノンペンのイタリア人経営のイタリアンレストラン。一軒家を改装した店内はクラシカルでありながら、襟を立てずにゆったりとできるカジュアル空間です。一期一会の心を秘めて、お客様をお出迎えします。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで日本人女将が切り盛りする日本食レストラン「真家」。女将の井上さんが笑顔でお出迎えしてくれます。どことなく落ち着く店内と、家庭的な味わいのお食事。家のように寛げるひとときを過ごすことができます。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンにある日系ホテル「東屋ホテル」の露天風呂。カンボジアでサウナと水風呂も利用できちゃいます。また、東屋ホテル宿泊者だけでなく、5ドルでビジター利用も可能。お風呂にゆっくり浸かって日々の疲れを癒すことができます。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで各国大使館御用達のフレンチレストラン「オープンワイン」。高級フレンチですがランチはコースで14ドルと日本に比べてかなり安い価格です。日本人からも人気が高く、会食や接待、友人とのお食事など、どんなシーンにもおすすめ。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories