プノンペンとシアヌークビルを結ぶ高速道路の改修工事のために、中国人労働者200人がカンボジアに到着した。工事は3月末までに着工する予定で、着工式も行われるという。


Sun Chanthol交通大臣は、1億ドル(約110億円)相当の建設材料の輸入が1月末までに完了する予定だと述べた。残っている建設工事に関する懸念点は、工事で影響を受ける近隣住民への対応策だという。


同大臣は「交通省と経済財政省は近隣住民への補償金について議論を続けており、近々問題が穏便に解決されることを願っている」と語った。


今回の高速道路建設工事はBOT方式(建設・運営・譲渡方式)で国有会社であるChinese Communication Construction株式会社により行われる。建設工事費用は20億ドル(約2200億円)にのぼるとみられている。


高速道路の長さは190キロ以上の予定で、現在使われている道路の240キロよりは短くなる予定だ。高速道路は4車線となり、建設工事は4年を要するとみられている。


交通省広報担当のVa Simsorya氏によると、工事により影響を受ける近隣住民には、カンボジア政府と中国政府よりあわせて約1億5000万ドル〜2億ドル(約160〜220億円)の援助金が渡されるという。


カンボジア国内初となる高速道路により、輸出入で利用されるシアヌークビル深海港と首都プノンペンを結んでいる国道4号線の渋滞緩和が期待されている。


新たな交通インフラにより、国内の物流網が改善され、交通事故が減少することが見込まれているという。


カンボジア運送業者協会(CAMFFA=Cambodia Freight Forwarder Association)のSin Chanthy代表は「現在、国道4号線の交通渋滞は深刻であるため、我々は高速道路の完成を心待ちにしている。国道4号線の交通量は年々増加しているのに対し、道路は拡張されていない。高速道路ができることで物流網が改善されるだろう」と語った。


また、首都プノンペンとベトナムとの国境に位置するスヴァイリエン州Bavet市を結ぶ高速道路建設の計画も話し合われている。現在、国際協力機構(JICA=Japanese International Cooperation Agency)が調査を行なっている最中だ。

 

出典:KhmerTimes

 

関連記事