プノンペンのクラブがコロナ対策規定違反、摘発で285人逮捕

プノンペンのクラブがコロナ対策規定違反、摘発で285人逮捕
プノンペンのクラブがコロナ対策規定違反、摘発で285人逮捕

<写真:Phnom Penh Post>

 

警察は28日、保健省の発行する新型コロナウイルス対策の規定を遵守していなかったとして、プノンペンのSen Sok区のナイトクラブに摘発し、訪れていた客を含む285人を逮捕した。プノンペンポスト紙が報じた。

プノンペンポスト紙の取材に対して、プノンペン市警察のSar Thet署長は、ナイトクラブとカラオケの営業再開はまだ許可されていないと話したという。

また、Sar Thet署長は、摘発を行ったナイトクラブについて、フンセン首相がナイトクラブとカラオケの営業再開を許可していないにも関わらず営業していたため、閉鎖しなければならないと続けた。

 

逮捕された285人のうち、複数名は注意を受けた後帰宅を許可されたものの、中には尋問を受けている人もいるという。尋問を受けている人々は、麻薬などの犯罪に関与していないと判断された場合、帰宅が許可されるという。

現在、警察はナイトクラブのオーナーの捜査にあたっているという。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


ホットニュース

Choose Classified categories