カンボジア、中国からワクチン100万回分受入へ 首相も接種の方針

カンボジア、中国からワクチン100万回分受入へ 首相も接種の方針
2021年01月18日(月)15時50分 公開
カンボジア、中国からワクチン100万回分受入へ 首相も接種の方針

<写真:The Phnom Penh Post>

 

中国はカンボジアに対して、シノファーム社が製造する新型コロナウイルスワクチン100万回分(50万人分)を提供する方針だとフンセン首相が明らかにした。

 

フンセン首相は、1月15日の国民に対するメッセージで、カンボジアは中国からのワクチン提供を受け入れ、ワクチン接種の優先リストにある50万人に対してワクチンを使用すると述べた。

フンセン首相は昨年12月に同国は世界保健機関(WHO)の認めたワクチンしか受け入れないとの方針を示していたが、シノファーム社のワクチンは未だWHOの承認を得ていない。

フンセン首相は、WHOが承認する前にシノファーム社のワクチンを受け入れることについて、世界的に継続するパンデミックが影響しているとした。
 

シノファーム社のワクチンがカンボジアに届いた後、フンセン首相はワクチンが安全なことを国民に示すため、自らが最初に接種するとの方針も示している。

ワクチンは医療従事者や教師、軍事関係者、警察、タクシードライバーなどのサービスワーカーを優先して供給され、接種については任意だという。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories