日本、カンボジアへ救急車30台を寄贈

日本、カンボジアへ救急車30台を寄贈
2021年06月07日(月)16時09分 公開
日本、カンボジアへ救急車30台を寄贈

<写真:Khmer Times>

 

日本は、経済社会開発計画(医療機材支援)として、カンボジアに救急車30台を寄贈した。

4日、保健省の中央医療倉庫で行われた救急車の引渡式典には、Mam Bun Heng保健大臣と三上正裕大使が出席した。

 

この支援は、昨年4月に開催された 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するASEAN+3(日中韓)特別首脳テレビ会議で安倍元総理が発表したアセアン諸国との協力に基づくものであると述べた。

これまでに日本はカンボジア政府からの要請で救急車70台、X線装置10台、超音波診断装置26台、集中治療室(ICU)ベッド100台などを提供している。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories