国道21号線でバイク危険運転、当局が取り締まり

国道21号線でバイク危険運転、当局が取り締まり
2021年06月14日(月)16時51分 公開
国道21号線でバイク危険運転、当局が取り締まり

<写真:Khmer Times>

 

カンダル州警察は、バイクで危険運転をし、SNS上でその様子を公開している若者らの取締りを行なっているという。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

カンダル州警察は、複数のSNS上で「joy-riding」と名乗るグループが同州タクマウの国道21号線で撮影した動画を発見したという。

その後、警察は捜査を行い、プノンペンのChbar Ampov地区居住のChhim Manut容疑者(17)を拘束したという。

 

警察の取り調べに対して、同容疑者はタクマウの国道21号線で約20人でバイクで危険運転をしていたと供述しているという。

現在当局は、引き続きプノンペンからタクマウへバイクで移動し、危険運転をしていた人らの特定を行なっているという。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories