薬物取締りで容疑者が警察に発砲、プノンペンのコンドミニアムで

薬物取締りで容疑者が警察に発砲、プノンペンのコンドミニアムで
2021年06月11日(金)16時44分 公開
薬物取締りで容疑者が警察に発砲、プノンペンのコンドミニアムで

<写真:Khmer Times>


プノンペンのコンドミニアムで薬物の取締りを行った警察が、容疑者に銃で撃たれる事件が発生した。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

この事件は10日午前1時にカンボジア内務省の反薬物部門が、プノンペンのクロイチャンバー(Chroy Changva)地区にあるコンドミニアムで薬物の取締りを行っていた際に発生した。

反薬物部門によると、警察がコンドミニアムの13階で立入捜査を行った際、容疑者とみられる複数人が警察に向かってライフルや銃を発砲したという。


詳細は明らかになっていないものの、この取締りにより大量の薬物と武器が押収されたとみられている。

また、多数の容疑者が逮捕されたとみられているが、一部は警察が引き続き捜索を行っているという。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories