カンボジア:7月の交通事故は208件 107人死亡、282人負傷

カンボジア:7月の交通事故は208件 107人死亡、282人負傷
2021年08月04日(水)13時26分 公開
カンボジア:7月の交通事故は208件 107人死亡、282人負傷

<写真:The Phnom Penh Post>

 

国家警察の報告によると、7月の交通事故発生件数は208件で、死亡者数は107人、負傷者数は282人となった。

また、7月31日だけで交通事故により3人が死亡、10人が重傷を負った。

 

交通事故の主な原因は、交通法違反やスピード違反、故障車両によるものだという。

サーケン内務大臣によると、今年上半期の交通事故件数は1261件で、死亡者数は709人、負傷者数は1792人だったとし、そのほとんどがプノンペンで発生した事故だという。

 

主な原因のスピード違反は、事故原因の34%を占める。

次いで優先通行権の誤認が23%、一方通行の無視が16%、不注意が9%、無理な追い越しや転回が8%、飲酒運転が3%、故障車両が3%、居眠り運転が1%。

 

交通事故件数はプノンペンが最多の340件、次いでカンダル州が86件、スバイリエン州が77件だという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories