昨日、カンボジアと英国との二国間貿易が、EU離脱交渉の中で否定的な影響を受けないことが再確認された。

これはプラック・ソコン外務大臣とエド・バイゼイ英国貿易大使の会談において取り決められたものである。

英国のチャウ・サウンリー大臣は非公開会談後に「EU離脱後も英国はカンボジアとの二国間貿易を強化し続ける」と述べた。

英国はEUとのコトヌー条約に基づき、カンボジアの最大輸出国の一つとなっている。

カンボジア当局はまた、コンポンスプー州のパームシュガーとともに、原産地名称保護制度でEUによって保護された米や胡椒を含む農産物を輸入してもらえるよう、英国に要請した。

英国のサウンリー大臣は次のように述べた。

「近い将来パームシュガーは英国市場で浸透していくと信じている。」

「昨年カンボジアと英国の間の二国間貿易量は10億3,000万ドルであったが、カンボジアから英国への輸出額は10億1,000万ドルであったのだ」

http://www.khmertimeskh.com/




カンボジアの社会や政治の最新情報を知りたい。
カンボジアのトレンドに結構興味があるけど、どうしたらいいのだろう?

ポステのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信!
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、カンボジアで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。