内務省と労働省の会合で発表された数字によると、2017年にカンボジアで働く約16万人の外国人労働者のうち10万人以上が労働許可証をとっていなかった。

労働省のサカダ局長は、160,077人の外国人が93カ国からカンボジアに来て働いており、その内100,346人が中国人であると述べた。

会合には外国人を雇用している企業の代表者数百人が参加した。

「外国人労働者はほとんどが中国人、ベトナム人、フィリピン人、タイ人、インドネシア人、台湾人、マレーシア人、韓国人、インド人、イギリス人である」
労働許可証を取得している外国人労働者の数が増えており、2014年には4000人、2015年には30928人、2016年には39120人に達した。

「就労許可を申請する外国人の数は急激に増加しているものの、外国人を雇用している企業の大半はまだ書類申請をしていない」

「2017年に就労許可を申請しなかった102,102人の外国人がいた」と同氏は述べた。

「就労許可証を持っていないときの罰金は前まで1日約2ドルだったが、1日約10ドルに増額された。」

「これは圧力ではなく、すべての国が実施する義務である」

海外で働く120万人のカンボジア人も、就労許可を取らなければならない、と付け加えた。

http://www.khmertimeskh.com/50111445/foreigners-urged-get-work-permits/


カンボジアの社会や政治の最新情報を知りたい。
カンボジアのトレンドに結構興味があるけど、どうしたらいいのだろう?

ポステのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信!
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、カンボジアで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。