先週土曜日、カンポット州にて14歳の少年が逮捕された。
 
少年は、聴覚障害のある14歳の少女と、性行為を行おうとしたものの拒否され、激高し少女の耳をナイフで切ったとされている。

タエック・クハウ地方警察のタッチ・チャム氏によると、少年は田んぼ付近を歩いていたところ、被害者の少女を発見。その後、少女と性行為に及ぼうとしたが、拒否されたとのことだ。

拒否されたことに少年は激高し、家に帰ってナイフを入手、再び少女の元へ向かい犯行に及んだという。

チャム氏は、「少年は少女の首辺りをナイフで何度も切りつけ、少女に重傷を負わせた。 少女が死亡したと思った少年は、その場を逃走した。」

その後、少年は地元警察によって逮捕された。また、少女は病院に搬送され幸い命に別状はないという

少年は、昨日地方裁判所へ送られたということだ。

http://www.khmertimeskh.com