カンボジア保健省は、市場で出回っている偽造コーヒーや健康サプリメントのMADURAや体重軽減剤のOSTOの中には品質チェックを受けていない商品が多く存在するため、購入しないよう国民に注意喚起した。違法商品を摂取すれば、最悪の場合死に至る可能性もあるという。

保健省の報告によると、偽造コーヒーや健康サプリメントなどの違法商品はタイで製造されているという。違法商品の中にはシルデナフィルという男性の性欲を掻き立てる成分が混入している場合もあり、最悪の場合は心臓にダメージを与え、死に至らせる可能性があるという。

同省は対策として麻薬撲滅部門や違法商品が流通する地域に対し違法商品を回収するよう呼びかけている。




また、同省は声明で「仮に我々が商品回収の指示を与えた団体が指示に従わずに受注や販売を繰り返す団体には法に基づいて有罪判決が下されるだろう」と述べた。

同省の麻薬、食品、薬や化粧品を全般的に担当する部門のHean Kimseat氏は「偽造薬剤のMADURAは流通経路などが記された文書がないまま、カンボジアに輸入され、Facebookを通じて販売されている。違法コーヒーやサプリメントの輸入会社もなく、販売する店舗もないためオンライン上でのみ流通している。我々も誰を拘束し問題解決を図ればいいのか分からない暗中模索の状態だ」と語った。

出典:KhmerTimes

関連記事