POSTE LINE

カンボジアの料理について気になる人も多いのではないでしょうか。外国を訪れたら現地の食に挑戦してみたくなりますよね。韓国に行けば韓国料理を、ベトナムに行けばベトナム料理を、タイに行けばタイ料理をたとえ辛くとも一度は試してみたくなるはずです。カンボジアで有名な料理は何なのでしょうか。今回は、カンボジアに来る予定の方、カンボジア在住の方に向けてプノンペンに住むPOSTE日本人スタッフが実際に食べたローカルのカンボジア料理を正直な感想とともに紹介します。ただ、中には「ローカル料理は癖が強すぎて食べられない」という人もいると思います。そんな方に、日本人向けの味付けをほどこしたカンボジア料理レストランも紹介します!

 

関連記事
カンボジアでおすすめのクメール料理まとめ

 

 

カンボジアのローカル料理は美味しい?不味い?

 

世界にはローカル料理が美味しい国、味付けが日本人には辛すぎる国など、様々な国があると思います。果たしてカンボジアのローカル料理はどうなのでしょうか。たとえ気になっても、メニュー含め表記がカンボジア語だとなかなか行くのに勇気がいりますよね。そこでプノンペン在住のPOSTE日本人スタッフがカンボジア人に案内してもらい、カンボジアのローカル料理を調査してきました。料理の値段は安く、どれも1ドル(約110円)〜3ドル(約330円)前後です。正直な感想を交えて紹介していますので、参考にしてみてください!

 

クイティウ(Kuy teav)


「クイティウ」はあっさりとした味付けの出汁スープに米麺と具材を入れた料理です。プノンペンでは、屋台で1ドルほどで販売されているのをよく見かけると思います。癖はあまりなく、麺を食べ慣れている日本人には最初に試すのにおすすめできるローカル料理です。日本のラーメンなどと異なりさっぱりしているので、食べ過ぎて胃もたれする可能性は低いです。具材は牛肉、豚肉、シーフードの中から選びます。そのまま食べても美味しいですが、カンボジア人はチリソースやライムなどを加えて食べています。せっかくローカル料理を食べるのであれば、カンボジア人流の食べ方をしたい人もいるでしょう。そんな方は最初は何も加えず食べ、味を変えながら食べるといいかもしれません。

 

おすすめ度:★★★★

 

ミークイティウ(Mee kuy teav)


「ミークイティウ」はザ・ローカルレストランに行かないと食べられない料理の一つです。カンボジア人の友人に連れて行ってもらうといいでしょう。「ミークイティウ」の「ミー」とは「炒める」という意味であり、文字通りクイティウを炒めたスープなしの麺料理です。具材に関してはクイティウと大きくは変わらず、お店で食べる場合にはクイティウと同様に牛肉、豚肉、シーフードから選びます。味は少し酸っぱめで、カンボジア料理の独特な香りがします。麺はさっぱりしていて食べやすいのですが、味付けで好みが分かれるかもしれません。

 

おすすめ度:★★

 

ヌンパン(Nun Pan)


「ヌンパン」も屋台やザ・ローカルレストランで販売されていて、その場で具をフランスパンに詰めてくれます。パンそのものは一般的なフランスパンなので、日本人にも馴染みがあるはずです。フランスパンが使われているのは、カンボジアが旧フランス領だったことが背景にあります。具材はカンボジア独特のもので、香り、酸っぱめの味付けに癖はあります。ベトナムのバインミーとの食べ比べの意味で味を確かめるのも良いでしょう。ベトナム人にとってのバインミーと同様に、「ヌンパン」はカンボジア人には日常食として食べられているようです。

 

おすすめ度:★★

 

プリアサイッコー(Priasikeko)


「プリアサイッコー」は牛肉とライムのサラダです。お肉が入っているので、主菜としては最適な料理です。野菜や味付けはカンボジア料理独特の酸っぱい味付けなので、好みは分かれるでしょう。カンボジア人はビールのつまみとしてよく食べているようです。筆者がカンボジア人の友人に「プリアサイッコー」という名前を言うと、みんな口を揃えて「with beer(ビールのつまみにぴったり)」と返ってきたので、それだけカンボジア人には支持されているのでしょう。

 

おすすめ度:★★

 

コー・サツ・チィルク(Koh Sats Cherk)


「コー・サツ・チィルク」はこれまで紹介してきたカンボジア料理とは味付けがかなり異なり、筆者もカンボジア料理であることを忘れて美味しく食べることができました。というのも、「コー・サツ・チィルク」は日本で食べる角煮と卵とほとんど変わらない味だからです。実際、「コー・サツ・チィルク」は豚と卵、タケノコを煮込んだ料理です。甘みのあるタレとの組み合わせは、万国共通で愛されている味なのでしょう。ご飯がとても進むので、筆者も個人的に勧めたいです。また少し違った風味を楽しめます。

 

おすすめ度:★★★★★

 

ポックロホン(Pocket rophone)


「ポックロホン」は既に二つ上で紹介した、野菜が多く入っている「プリアサイッコー」と似た味付けです。ただ、筆者の個人的な感想では「プリアサイッコー」以上に癖は強いです。玉ねぎやトマト、人参、ピーナッツ、その他にエビなどの海鮮が入っています。正直、ローカルカンボジア料理を普段から食べ慣れている人でないと完食は難しいかもしれません。

 

おすすめ度:★

 

カンボジアの現地料理って美味しいの? 日本人向けの料理から虫料理まで紹介

この記事を書いた人

お名前 : プノンペン情報生活サイト「ポステ」