縫製工場で勤務していた約50人が栄養失調のため病院へ搬送

縫製工場で勤務していた約50人が栄養失調のため病院へ搬送
2017年08月15日 00時00分 公開
縫製工場で勤務していた約50人が栄養失調のため病院へ搬送


チョムチャオ地区のセン・コサール警察署長によると、昨日の午後、ポー・センチェイ地区の縫製工場で働いていた48人の労働者らが倒れ、病院へ搬送されたという。

同氏は、「栄養失調からくる体調不良で、倒れる人が続出した」と述べた。


最初に倒れた労働者を見てショックを受けた他の労働者が、次々と倒れていったという。

同氏は、「私は労働関係の分野で既に何年も働いてきたので、労働者の習慣について熟知している」
 
「労働者のほとんどは週末にナイトクラブに出掛けていたので、十分な睡眠を確保していなかった。それが倒れた理由の一つである。」と語った。



この工場で、労働者が栄養失調により倒れたのはこれが初めてで、工場長はこの出来事の後、労働者を自宅へ帰宅させたとのことだ。



先週、Canadia Industrial ParkにあるNew Orient Garment社の工場で、労働者約100人が倒れたことで、怪奇現象の噂が広まった。

先月発表された国家社会保険基金の報告書によると、上半期に体調不良により倒れた縫製工場労働者の人数は、昨年の同時期と比較して39%(117人)増加した。

http://www.khmertimeskh.com

 
【ポステおすすめナイトスポット!】
Raqia Republic Lounge & Restaurant
落ち着いてお酒が飲めるバーラウンジ

毎週木曜日はレディースデー
女性2人以上のご来店でボトルを1本プレゼント!
詳細はこちら!
[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
Line Banner

ホットニュース

Choose Classified categories