カンボジア:2020年の経済成長率は2.5%に減速

カンボジア:2020年の経済成長率は2.5%に減速
カンボジア:2020年の経済成長率は2.5%に減速

世界銀行の報告によると、2020年のカンボジアの経済成長率は、新型コロナウイルスの影響により、2.5%に減速すると予想されているという。

世界銀行東アジア太平洋経済アップデートによると、昨年のカンボジアの経済成長率は7.1%だった。

 

世界銀行は、新型コロナウイルスの感染拡大により、2020年4月までで観光と建設を含むカンボジアの経済を支える様々な業界が打撃を受け、経済成長に著しい減少が見られたと報告した。

また、最も打撃を受けている業界は観光業界であり、衣料品業界は世界的な需要減少だけでなく、EUがカンボジアに適用していた特恵関税の一部停止をした影響も受けているという。

 

2021年は、中国と主要市場の経済活動の回復により、カンボジアの成長は改善され、成長率は5.9%になると予測されている。

3月初旬、フンセン首相は、新型コロナウイルスによる景気落ち込みを支援するため、最大20億ドルを準備していると発表していた。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


ホットニュース

Choose Classified categories