EU、カンボジアとのEBA協定一部停止 事実上の経済制裁

EU、カンボジアとのEBA協定一部停止 事実上の経済制裁
2020年02月14日 00時00分 公開
EU、カンボジアとのEBA協定一部停止 事実上の経済制裁

欧州連合(EU)は、人権侵害の改善が不十分であったとし、カンボジアに対する武器以外の全てをEU諸国に無関税で輸出できるEBA協定を一部停止すると発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 

EUは「組織的かつ深刻な人権侵害」が続いていることが今回の決定の理由だとしており、EBA協定一部停止は事実上の経済制裁だといえる。

 

EBA協定の一部停止が発行されるのは8月12日だという。

 

EUの運営を行う欧州委員会(EC)は今回、EBA協定が停止されEUの標準関税が導入される商品に衣服、履物、旅行用品、砂糖を挙げている。

 

再び標準関税が導入されるこれらの商品は、カンボジアからの輸出品の約20%を占め、輸出額は19億1000万ドル(約2098億円)だという。

 

EUはカンボジアにとって最大の輸出先だ。

 


2018年の輸出額全体の45%をEUが占め、そのうちの95%がEBA協定による免税の恩恵を受けている。

 

ECによると、今回のEBA協定の一部停止が対象になる規模は、EUへの年間輸出の約5分の1で、約11億ドル(約1208億円)に相当する。

 

今回の決定を受け、カンボジア外務省は「不当な決定で遺憾だ」との声明を発表している。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

関連記事

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
Line Banner

ホットニュース

Choose Classified categories