フンセン首相:バイデン次期大統領に祝辞述べる

フンセン首相:バイデン次期大統領に祝辞述べる
2020年12月18日(金)16時50分 公開
フンセン首相:バイデン次期大統領に祝辞述べる

<写真:The Phnom Penh Post>

 

フンセン首相は、次期アメリカ大統領となるバイデン氏に祝辞を送り、カンボジア政府は二国間関係を改善するため、バイデン政権と働くことに注力すると述べた。

12月15日付けで書かれた書簡でフンセン首相は、バイデン次期大統領の長年にわたる政府での豊富な経験と賢明なリーダーシップが、アメリカ国民の信頼と投票を獲得するための決定的な要因であることが証明されたと述べた。

また、バイデン政権の下でアメリカが成功し、世界の安定や繁栄に貢献すると固く信じていると述べた。

 

この書簡の信憑性に関して、外務省のKoy Kuong報道官は本物であることを認めている。

カンボジア王立アカデミーのKin Phea理事長は、カンボジアはアメリカとの信頼と相互の尊重に基づく関係をさらに構築するために、二国間で協力する準備ができていると述べた。

また、この協力がどれほど成功するかは、バイデン次期大統領率いる新政権下でのアメリカの誠実さと、カンボジアへの相互尊重の姿勢を示すことにかかっていると続けた。

 

元野党の立法者であるOu Chanrath氏は、民主党からアメリカ大統領が選出された場合、大抵はアメリカの外交政策は国際協調路線になるため、アジアの多くの国とアメリカの外交が活発になることを期待していると話した。

一方で、政治アナリストのLao Mong Hay氏は、カンボジアの中国依存と民主主義・人権が改善されない限り、アメリカとの二国間関係が改善されるかは疑問だとしている。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories