アストラゼネカ製ワクチン、カンボジアに到着

アストラゼネカ製ワクチン、カンボジアに到着
2021年03月03日(水)15時56分 公開
アストラゼネカ製ワクチン、カンボジアに到着

<写真:The Phnom Penh Post>

 

2日、アストラゼネカ製のワクチン第1便がプノンペン国際空港に到着した。

 

今回到着したのは32万4000回分のワクチンで、ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAXファシリティ」を通じて供給されたものだ。

残り分は後日到着するという。

 

アストラゼネカ製のワクチン接種は、4日、カルメット病院で行われる方針で、フンセン首相が最初に接種をするとされている。

プノンペン国際空港で行われたワクチンの受け取りには、Mam Bun Heng保健大臣やWHO、Unicefの代表者らが立ち会ったという。

 

今回到着したワクチンは、製薬大手アストラゼネカなどが開発し、インドの「セラム・インスティテュート・オブ・インディア(SII)」が製造したものだ。

保健省のOr Vandine報道官は、2月28日のプレスリリースでCOVAXファシリティを通じて、2021年上半期に合計110万回分のワクチンを段階的に受け取る方針だと明らかにしていた。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories