国内の感染状況に重大な懸念、カンボジア保健省が表明

国内の感染状況に重大な懸念、カンボジア保健省が表明
2021年07月12日(月)16時51分 公開
国内の感染状況に重大な懸念、カンボジア保健省が表明

<写真:Khmer Times>

 

世界​保健機関(WHO)カンボジア事務局のLi Ailan局長がカンボジア国内で新型コロナウイルスの感染者数や死亡者数が増加していることに重大な懸念を示したことについて、保健省のOr Vandine報道官も同様に重大な懸念を示した。

 

Or Vandine報道官は、市民ひとりひとりが防疫措置を遵守しない場合、カンボジアはレッドライン(超え​てはならない一線)を超える可能性があるとし、現在の大規模かつ広範囲の感染拡大を抑えるために、緊急かつ責任を持った行動をする必要があると述べた。

また、レッドラインを超えた場合には、カンボジアは現在より深刻な問題に直面するとし、感染源が分からないまま大規模な市中感染が発生した場合には、死亡者が増加し、感染は長期化すると続けた。

 

カンボジアでは連日約1000人の感染者が確認されており、11日時点で新型コロナウイルス感染者は合計6万959人にのぼっている。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories