カンボジア、南西モンスーンの影響続く

カンボジア、南西モンスーンの影響続く
2021年10月04日(月)15時46分 公開
カンボジア、南西モンスーンの影響続く

<写真:Khmer Times>

 

カンボジア水資源気象省は、国内では引き続き南西モンスーンの影響が出ると発表した。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

セン川の流れるプレアヴィヒア州では過去数日間、南西モンスーンの影響でやや強い雨が降り、鉄砲水が発生したという。

 

3日(日)朝、プレアヴィヒア州Reaksaコミューンにあるセン川の水文観測所では、水位が前日と比較して0.34メートル高い1.358メートルに到達していることが確認された。

コンポントム州の観測所では、前日から0.10メートル増水し、水位は1.826メートルとなった。

 

水位が上昇していることから、関係省庁、地方自治体、またセン川沿いの住民に対しては、被害が発生する可能性があるとして、注意が呼びかけられている。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories