プチュンバン後に教師・生徒のコロナ感染確認 プノンペンなどで

プチュンバン後に教師・生徒のコロナ感染確認 プノンペンなどで
2021年10月13日(水)13時37分 公開
プチュンバン後に教師・生徒のコロナ感染確認 プノンペンなどで

<写真:Khmer Times>

 

プノンペン都教育局のHem Sinareth局長は、クメールタイムズに対して、プチュンバン後の10月8日・9日・11日に都内の公立学校の教師約7000人に新型コロナウイルスの検査を行い、12人から陽性が確認されたと話した。

陽性が確認された12人のうち11人は自宅での隔離が許可され、残りの1人は複数の症状が見られたため治療施設で治療を行なっているという。

 

私立学校については、100校以上の教師に対して検査が行われ、全員から陰性が確認されたという。

プノンペン市役所は迅速検査キット7300個を教師に対して配布し、生徒に対しては疑わしい症状がある場合に自分で検査を受けるよう呼びかけている。

 

一方で、シアヌークビル州では、プチュンバン後の3日間で生徒・教師計26人から新型コロナウイルス感染が確認された。

シアヌークビル州教育局のOuch Sopheah局長によると、連休明けの学校再開前の10月11日〜13日までで、25校において9年生〜12年生の3671人の生徒と教師を対象に検査を行ったという。

検査の結果、5校で教師4人、生徒22人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、治療施設へと送ったという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories