​​報道の自由度ランキング、カンボジアは142位

​​報道の自由度ランキング、カンボジアは142位
2022年05月12日(木)16時26分 公開
​​報道の自由度ランキング、カンボジアは142位

<写真:iStock>

 

言論・報道の自由の擁護を目的としたジャーナリストによる非政府組織「国境なき記者団」が、「2022年度 世界報道自由度ランキング」を発表した。

カンボジアは、180か国・地域中142位にランクインし、前年度の144位から2位上昇した。

 

同ランキングは、メディアの環境と検閲の状況、報道に関する法的枠組み、報道に対するルールの透明性、報道のインフラの質、政治・企業・宗教からの独立性などの項目に基づいて指数を採点し、世界各国・地域における報道の自由度をランキング化したもの。

 

今回のランキングで1位となったのは、前年度と同じくノルウェーで、次にデンマーク、スウェーデン、エストニア、フィンランドと続いた。

最下位となったのは北朝鮮で、続いてエリトリア、イラン、トルクメニスタン、ミャンマーがランクインした。

 

東南アジア地域で見ると、東ティモールがトップで、17位にランクインした。

次いで、マレーシア(113位)、タイ(115位)、インドネシア(117位)、シンガポール(139位)、ブルネイ(144位)、フィリピン(147位)、ラオス(161位)、ベトナム(174位)、ミャンマー(146位)となった。

 

日本は、前年度より4位後退し、71位にランクインしている。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories