薬物パーティー中のトラブル、台湾人男性2人を銃殺して自殺

薬物パーティー中のトラブル、台湾人男性2人を銃殺して自殺
2022年08月30日(火)12時58分 公開
薬物パーティー中のトラブル、台湾人男性2人を銃殺して自殺

〈写真:KHMER TIMES〉

 

28日、プノンペンのボンケンコン地区にあるコンドミニアムで、薬物とアルコールを過剰摂取した台湾人男性3人が発砲事件で死亡した。

 

事件は同日の午後3時頃、ボンケンコン1のコンドミニアム「Gold Class Cando」で発生した。

 

地区警察のBun Heng副警察官は29日、死亡した台湾人の身元がXiao Ling氏(30)、Wei Li氏(29)、Hong Zheng氏(31)の3人だと確認したことを発表した。

 

捜査情報によると事件当日、台湾人3人はコンドミニアムの部屋で酒を飲んで麻薬を吸っていた。

 

彼らの間で口論が発生し、Ling氏が拳銃を取り出してLi氏とZheng氏に向けて4発発砲して2人を殺害した。

 

Ling氏は2人を殺害した後に、同じ拳銃で自分の頭を撃って自殺した。

 

事件後、騒ぎを発見したコンドミニアムの管理人によって地元警察への通報が行われた。

 

警察が事件現場の部屋を捜査したところ、銃と未使用の弾丸、薬莢5個、薬物の結晶が入った袋、その他の麻薬関連品が発見されている。

 

プノンペン市警察は29日、殺害の原因はアルコールと薬物の過剰摂取を原因とした口論であるとして事件を結論づけた。

 

この事件で犯人と思われるLing氏が死亡しているため、起訴などの処理は行われていない。

 

3人の遺体はSen Sok地区Teuk ThlaコミューンにあるTeuk Thla Pagodaに運ばれており、親族が遺体を引き取りに来るまで一時的に保管されている。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories