ベトナムへタバコ密輸の男性、国境警備隊の銃弾で負傷

ベトナムへタバコ密輸の男性、国境警備隊の銃弾で負傷
2022年06月01日(水)13時17分 公開
ベトナムへタバコ密輸の男性、国境警備隊の銃弾で負傷

<写真:Khmer Times>

 

若い男性が国境を超えてタバコを密輸しようとした際、ベトナムの国境警備隊に銃で撃たれ、入院し治療を受けている。

 

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

この事件は、5月31日午前3時30分頃、カンポット州Kampong Trach地区の橋で発生した。

 

男性は、他の数人の村人と国境を超えてベトナムへタバコを密輸しており、タバコ2ケースを持って川を渡っていた。

 

橋のところでベトナムの警備隊がベトナム語で怒鳴っていたが、言葉が分からない男性らが混乱していると、警備隊が発砲し男性の足に命中した。

 

男性に銃弾が命中した後、村人が治療のため同地区の私立診療所へと連れて行き、国境問題を担当する准将から尋問を受けたという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories