タクマウ〜ベトナムとの国境を結ぶ国道21号線、正式に使用へ

タクマウ〜ベトナムとの国境を結ぶ国道21号線、正式に使用へ
2022年03月23日(水)14時11分 公開
タクマウ〜ベトナムとの国境を結ぶ国道21号線、正式に使用へ

<写真:Khmer Times>

 

カンダル州タクマウのラウンドアバウト(環状交差点)とベトナムとカンボジアの国境(Chrey Thom〜Long Binh)を結ぶ約64kmに及ぶ国道21号線が、2019年に建設が完了してから正式に使用されることとなった。

同道路の落成式が、フンセン首相とパク・フンギョン駐カンボジア韓国大使により、カンダル州で行われた。

 

この道路は 譲与的融資とカンボジア政府の追加予算により、2段階に分けて道路は韓信工営が建設、DASAN Consultants社により検査が行われた。

これにより道路が二層瀝青表面処理(DBST)からアスファルトコンクリート(AC)へ改良され、複数の主要な地点では車線が2車線から4車線へと拡張された。

 

公共事業運輸省によると、国道21号線はプノンペン〜国道2号線、第2環状道路、第3環状道路、国道21A号線などを結ぶ戦略的な道路だ。

これらの道路接続は、あらゆる種類の輸送、特にカンボジア〜ベトナム間の貿易の商品や農産物の輸送を促進する上で重要な役割を果たしてきたという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories