<8日(火)、シアヌークビル州の港に到着した列車(写真提供:KT)>

 

鉄道サービスを統括するマネージャーによると、プノンペン市内とプノンペン国際空港を結ぶ空港電車が、まもなくメキシコ製新車両にアップグレードされるという。

 

カンボジアの鉄道網を管理するRoyal Railways社は、8日(火)に車両3両がシアヌークビル自治港に到着したと話した。また、Sun Chanthol公共事業運輸大臣は到着した3車両は「すぐに」運行が開始されるだろうと語った。

 

「何ヶ月も車両が到着するのを待った。現在、フン・セン首相に運行の許可を申請し、すぐに正式に運行が開始されるだろう」と同大臣はコメントした。

 

しかし、同大臣は運行開始日を明らかにしなかったという。

 

今回到着したメキシコ製列車はプノンペン国際空港の空港電車として使用するために輸入されたが、そのうち1両はプノンペンーシアヌークビル州間を結ぶ南部鉄道、もしくはカンボジアとタイの国境にあるPoipetとを結ぶ西部鉄道にも使用される可能性がある。

 

1両あたりの収容可能人数は最大100人だという。

 

2018年4月にプノンペン市内とプノンペン国際空港を結ぶ空港電車が開業し、所要時間は往復で約120分だという。

 

鉄道サービスが開始されてから昨年11月までは乗車運賃が無料だったが、現在では片道チケットが1人2.5ドル(約275円)だという。

 

出典:KhmerTimes

 

関連記事