<被告人が裁判所を去る様子(KT/Buth Reaksmey Kongkea)

 

9日、プノンペン地方裁判所はABA銀行支店長に、Daun Penh地区にあるATM機から偽造100ドル紙幣が払い出されたと騙そうとしたスイス人観光客に有罪判決を言い渡したという。

 

裁判所によると、Peter Hofer容疑者(64)は、Phsar Kandal地区にあるVelkommen Guesthouseに滞在していたという。

 

Hofer容疑者は逮捕後、身柄を留置場に移送されている。

 

6日(土)朝9時30分頃、Sok Vuth警部補によると、Hofer容疑者はcommune州のATM機から100ドル紙幣を引き落としたという。

 

Hofer容疑者は紙幣を引き出した後、紙幣をカバンへ入れたという。

 

Vuth氏によると、Hofer容疑者は引き出した100ドル札をカバンにしまった後、用意していた偽造100ドル紙幣を取り出し、ATM機の外にいた他の客らに対し、ATMから偽札が出てきたとアピールしていたという。

 

その後、容疑者は銀行支店長のLeng Liheang氏に対し偽札の存在を報告した。


Vuth警部補によると、偽札の苦情を受けたLiheang氏が100ドル紙幣の交換に応じるため、午後3時にお金を取りに来るように容疑者に伝えたという。

 

その間に銀行職員が防犯カメラを確認し、容疑者が本物紙幣と偽札を入れ替える瞬間を確認したという。


Hofer容疑者がお金を取りに来た際、警備員が逮捕したという。

 

「Hofer容疑者が銀行に100ドル紙幣を受け取りに来た際に、ABA銀行職員と警備員が身柄を取り押さえた。その後、Hofer容疑者は地区警察に身柄を引き渡された」とVuth警部補は述べた。

 

出典:KHMER TIMES

 

関連記事