<公共事業・運輸大臣のスン・チャントール氏(KT/Chor Sokuntheaより)>

 

中国の専門家グループは、プノンペンでの交通渋滞を減らすため、モノレールプロジェクトと地下鉄システムの実行可能性調査を開始したという。

 

9日、公共事業・運輸大臣スン・チャントール氏は、内務省で行われた交通安全に関する会議で、都市の公共交通を改善するための実行可能性調査が始まったと述べた。

 

プノンペンでは自動案内軌条式旅客輸送システム(AGT)と電動大量輸送システムの実行可能性調査を国際協力機構(JICA)と協力し行っているという。

 

9日、「AGTやモノレール、地下鉄のどのシステムコストが高いかを確認することが目的である」と述べている。

 

同大臣によると、モノレールはAGTよりもコストが低く、騒音も小さいという。

 

先月、同大臣が中国を訪問した際、モノレールプロジェクトの実現可能調査を発表した。


昨年プノンペン当局は、交通渋滞緩和のため水上タクシーシステムを作成し、公共バスの路線を拡大したという。

 

出典:KHMER TIMES

 

関連記事