トボンクムン州の高校で生徒40人が暑さや個人的な健康問題によって倒れる事態が発生した。

 

警察の報告によると、11月7日12時〜16時の間にKrouch Kul高校で12人の生徒が教室で倒れ、27人が18日の朝に国旗掲揚で起立している時に倒れたという。

 

25人の生徒は未だ病院で治療を受けているが、16人の生徒は回復し、医師から19日の夕方に帰宅の許可が出たという。

 

保健当局は、多数の生徒が倒れたことについて、暑さと高校の200メートル先にあるレンガ製造施設からの煙が原因で、健康問題はカルシウムが欠乏した低血糖が原因だとしている。

 

一部の生徒は不規則な食事や睡眠不足で不健康な生活をしており、倒れた5人は低血糖、3人はカルシウム欠乏、その他の生徒は疲れや友達が倒れたショックで倒れたという。

 

ある女子生徒は、軽い頭痛がして息切れがした直後に倒れたという。

 

彼女は登校前に食事をしておらず、授業中に頭痛がし、めまいや呼吸がし辛くなったと話した。

 

また、複数の生徒はソーシャルメディアを閲覧し、夜更かしをして睡眠不足になっているという。

 

国家安全保障基金の報告によると、卒倒件数は2018年の17件に比べ、2019年は13件と減少したという。

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

 

関連記事