<Mam Bun Heng保健大臣が、税関総局のHu Wei副大臣と契約書に調印をしている様子>

 

15日、カンボジア保健省は国境を越えた伝染病の拡大を防ぐために中国の税関総局と覚書に署名した。

 

 

同省の声明によると、覚書にはMam Bun Heng保健大臣と中国関税総局Hu Wei副総理が署名したという。

 

 

今回の覚書は、中国やカンボジアでの検疫、あるいはカンボジアからの感染症を防止する為に、二国間の協力を強化することを目的にしているという。

 

 

「合意内容は、伝染病が国境を越えないようにすること、国境検診と検疫に関する協力を強化すること、そして両国の信頼を強化することだ」と述べた。

 

両国は、伝染病の発生と拡大を阻止するための措置について共有するなど、関係を強化することで合意した。

 

「今回の覚書では、カンボジアの保健部門に緊急事態が発生した際、中国はカンボジアを援助できる仕組み構築することが決定した。」と述べた。

 

 

カンボジア保健省と中国税関総局も定期的な会議を開催し、職員交換プログラムや、国境を越えた病気の蔓延を防止するワークショップを共同で開催することに合意したと加えた。

 

「カンボジア保健省を常に支援している中国側に感謝し、医療部門改善のため支援継続を中国政府に要請する」と保健大臣述べた。

 

 

 

出典:KHMARTIMES

 

 

関連記事