プノンペンーカンポットを結ぶ海岸線の国道3号線の改修工事が45%完了したと公共事業運輸省が報告した。

 

国道3号線の改修工事完了予定は2022年10月だという。

 

国道を2車線から4車線に拡張する工事は、中国政府からの融資により2018年10月から開始された。中国四川省の四川路橋建設集団が主要な請負業者であり、広州広州万安建設取締会社が技術検査を実施している。

 

公共事業運輸省によるとプロジェクトは計画通りに進んでおり、完成予定日までに工事が完了する見込みだという。

 

また、カンボジアのNPO法人「Cambodia Freight Forwarders Association」のSin Chanthy氏によると、国道3号線は観光と物流にとって重要だという。

 

また、プノンペンとプレアシアヌーク州をつなぐ国道4号線が洪水になった場合の代替としても機能するとされている。さらに、シアヌークビルの深海港への輸送も容易になるという。

 

カンポット州では現在新しい港が建設中で、陸路での州の接続が増えることはカンボジアの経済成長に大きく繋がるとSin Chanthy氏は話した。

 

カンボジア観光代理店協会(CATA)のHor Vandy氏は、国道3号線の改修工事で広大な自然が広がるカンポット州とケップ州での観光客の増加が見込まれると話した。

 

観光省によると、2019年の1月〜10月にカンボジアを訪れた外国人観光客は昨年比9.7%増加の529万人だったという。そのうち、カンボジア沿岸部を訪れた外国人観光客は昨年と比べて42.1%増加の101万人だったという。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

関連記事

 

 

 

 

 

 

 

 

<p class="re-date text-center" style="box-sizing: border-box; font-family: -apple-system, system-ui, " segoe="" ui",="" roboto,="" "helvetica="" neue",="" arial,="" "noto="" sans",="" sans-serif,="" "apple="" color="" emoji",="" "segoe="" ui="" symbol",="" emoji";="" margin:="" 0px="" 10px="" 10px;="" text-align:="" center;="" color:="" rgb(153,="" 153,="" 153);="" padding:="" 0px;="" border-radius:="" 5px="" font-size:="" 14px;"="">