プノンペンでボウリングをするならイオンモールへ!料金や遊び方を解説

プノンペンでボウリングをするならイオンモールへ!料金や遊び方を解説
プノンペンでボウリングをするならイオンモールへ!料金や遊び方を解説

プノンペンでボウリングをしたい方もいるのではないでしょうか。日本人にとってボウリングは身近なスポーツ。友人や同僚、家族と一緒に気軽に楽しめますよね。ただ、プノンペンのどこでボウリングをできるのか分からない方や、場所は知っていても料金などの詳細が分からない方も多いと思います。今回は、そんな方に向けプノンペンのボウリング場とその詳細を紹介します!

 

 

プノンペンでボウリングをするならイオン1号店

 

プノンペンでボウリングをすることができる場所は多くはありません。一番おすすめなのがイオンモール1号店です。カンボジアの首都プノンペンには2014年、日本でもお馴染みのイオンモールがオープンし、2018年には2号店もオープン。そんなイオンモールにはボウリング場が入っており、誰でもボウリングを楽しむことができます。2号店にもボウリング場はありますが、立地的に、市内中心地にあるイオン1号店が便利でしょう。

 

イオン1号店マップ

 

 

料金体系など詳細情報

 

料金は1ゲーム1人5ドル(約550円)です。別途、シューズ代が1人1.5ドル(約160円)チャージされます。その他、ドリンクや食事も注文可能です。

 

例えば、ドリンクなどを一切頼まずに3ゲームプレイすれば1.5ドル+5ドル×3=1人あたり16.5ドル(約1800円)ということになります。日本にあるボウリング場と大差はありませんね。

 

詳細

  • 営業時間:9:00〜21:00頃
  • 料金:1ゲーム1人5ドル、シューズ代1人1.5ドル(ドリンク代等別)

 

 

実際にボウリングをしてみた!

 

プノンペン在住の筆者が実際にイオンモール1号店のボウリング場に行ってきました! プレイの手順などを写真とともに解説していきます。

 

一番上の階へ

イオンモール1号店の一番上の階、日本でいう3階までのぼります。そして、一番奥に映画館やカラオケボックスに併設されたボウリング場があります。

 

こちらの中に入っていきます。

 

ボウリング場へ

受付カウンターです。店員さんに人数を告げます。紙を渡されるので、代表者の電話番号とプレイする人の名前・ニックネームを記入します。店員さんは英語対応可能です!

 

料金体系の説明は受けますが、この時点では何ゲームするかを伝える必要はありません。好きなだけプレイして、料金は後払いです。

 

受付隣にあるシューズコーナーへ行きます。

 

店員さんが案内してくれ、シューズサイズを決めるためにこちらに足を乗せるように促してくれます。利用者は足を乗せるだけで、店員さんがサイズの合ったシューズを持ってきてくれます。とても親切ですね。

 

シューズも日本のボウリング場とほとんど同じものです。

 

ボールを選びます。6ポンドから14ポンドまで用意されているため、自分に合った重さのボールを選ぶことができますよ。ボールもとても清潔。

 

こちらにセットします。ちなみに筆者がプレイしたレーンのこちらのボールを置く場所には、すでにこのように10個ほどボールがセッティングされていました。

 

日本と変わらない感覚でボウリングをできました。

 

スコア上のコメントも英語で表記されています。1ゲームが終わると店員さんがやってきて、続けるかどうか尋ねてきました。総じて、不満などなく大満足でした!

 

食事をできるスペースも。ビールやコーラなどのドリンクからピザやチャーハンなどの食事までラインナップは豊富です。

 

カンボジア人の家族が夕食を食べていました。

 

 

まとめ

 

プノンペンのボウリング場について解説しました。ボウリングをしているのはほとんどカンボジア人ですが、外国人もウェルカムなので、息抜きにみんなでボウリングに行ってみてはいかがですか? 

 

※この記事に記載されている情報は2019年2月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事



行きたいお店を見つける
もっと見る

創業90周年のパリミキが監修するプノンペンの日系眼科「Japan Eye Hospital」。日本で600店舗以上ある眼鏡店「パリミキ・メガネ」も併設。日本人常駐・日本語可、海外旅行保険利用可。カンボジア・プノンペンでコンタクトレンズならココ。

店舗詳細ページを見る

SBIリーホーバンクは、ネット金融大手SBIホールディングスの連結対象子会社です。2020年3月に新しい日系商業銀行として営業を開始しました。ノロドム通り沿い、独立記念記念塔のすぐ側に位置するチャムカモン支店には日本人スタッフが常勤しております。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの日系ホテル。東屋ホテルでは安い価格で異国を感じさせない空間を提供しています。また、東屋では疲れを癒す露天風呂やマッサージ、1日の活力となる和朝食が楽しめます。受付には日本語で対応してくれるスタッフが常駐しているのでカンボジアでの生活も安心です。

店舗詳細ページを見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories