カンボジア、中銀が米ドル小額紙幣の受け入れ制限へ

カンボジア、中銀が米ドル小額紙幣の受け入れ制限へ
カンボジア、中銀が米ドル小額紙幣の受け入れ制限へ

カンボジア国立銀行(NBC)は銀行やマイクロファイナンス機関から、1米ドル、2米ドル、5米ドル札の受け入れを8月31日までに段階的に制限する計画を発表した。複数の現地メディアが報じた。

発表をうけ、住民の間では、少額の米ドル紙幣の使用ができなくなるとの誤解も生じ、一部で混乱が広がった。

 

 

クメールタイムズ紙の報道によると、プノンペンのカンダル市場では、数ヶ月後に使えなくなることを理由に、1ドル札の受け取りを拒否している店もでてきているという。

また、ガソリンスタンドでも、同じ理由で米ドル紙幣での支払いを断っている店舗があるという。

カンボジア国立銀行(NBC)によると、1ドル、2ドル、5ドル札の使用が禁止されるものではないという。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


ホットニュース

Choose Classified categories