ベトナム航空:7月からカンボジアへの国際線運航再開目指す

ベトナム航空:7月からカンボジアへの国際線運航再開目指す
ベトナム航空:7月からカンボジアへの国際線運航再開目指す

<写真:VnExpress>

 

ベトナム航空が、7月から新型コロナウイルスが終息に向かっている国への国際線の運航を再開する考えを示しているという。

日本や韓国などが運航再開候補に挙げられており、カンボジアも候補に挙がっている。ベトナムの複数のメディアが報じた。

 

それに先立ち、9日、ベトナムのフック首相は国際線の運航を段階的に再開させることを検討していると明らかにしており、運航再開を優先させる路線として、広州、東京、ソウル、台湾、ラオス、カンボジアが挙げられている。

ベトナム航空CEOのDuong Tri Thanh氏は、これらの計画は全て、ベトナム政府からの許可が下りなければ実現しないと強調した。

さらに、Duong氏は「ベトナム航空は、現在講じられている制限が解除されれば、すぐにでも国際線の運航を再開をする準備が整っている」と付け加えた。

 

ベトナム航空は、WHOが新型コロナウイルスのパンデミックを宣言したことを受け、3月下旬から国際線の全便で運航を停止している。

日本路線に関しては6月末までの運休が決定しており、7月も日本路線については一部の路線を除いた全便を運休すると発表していた。

 

ベトナムは、世界的に見ても新型コロナウイルスの封じ込めに成功しており、4月から国内線の再開が許可されている。

5月から6月にかけては、国内各航空会社が新規国内路線を開設するなど、状況は改善していると見られている。

一方、国際線の再開に関しては、運航を再開することを検討するとの発表はなされているが、具体的な計画などについては未だ発表されていない。
 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


ホットニュース

Choose Classified categories