保健省、入国者増加に備え隔離施設を増設か

保健省、入国者増加に備え隔離施設を増設か
保健省、入国者増加に備え隔離施設を増設か

<写真:Khmer Times>

 

クメールタイムズ紙の報道によると、カンボジア保健省は、海外から帰国するカンボジア人とカンボジアに入国する外国人に向けて、それぞれ隔離センター4カ所とプノンペン市内のホテル10カ所を用意しているという。

カンボジア政府は1日あたりの入国者が500人になると予測しているという。

 

保健省のYouk Sambath氏によると、隔離センターはChumpu Voan高校、Chak Angre Kromヘルスセンター、カンボジア空軍施設、Samdech Techno’s Schoolの4カ所で、700人を受け入れることができるという。

また、クメールタイムズ紙は入国時にデポジットを支払う必要のある外国人に対しては、プノンペンのホテル10カ所が隔離施設として用意されており、各ホテル400〜500床ある5つ星ホテルだと報じている。具体的なホテル名は明らかにされていない。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


ホットニュース

Choose Classified categories