ボンケンコンのパブで立入検査、薬物押収・65人拘束

ボンケンコンのパブで立入検査、薬物押収・65人拘束
2020年10月14日(水)13時56分 公開
ボンケンコンのパブで立入検査、薬物押収・65人拘束

<写真:The Phnom Penh Post>

 

プノンペン市警察は12日、ボンケンコン地区の「Sixty Six Restaurant Pub & Lounge」に立ち入り検査を実施し、大量の違法薬物を押収した。プノンペンタイムズ紙が報じた。

今回の立ち入り検査でカンボジア人と中国人の計65人が拘束され、尋問を受けている。

 

同警察のSan Sok Seyha報道官は、現在警察は更なる調査を進めているとした上で、捜査途中であることから詳細情報は明かせないとした。

同報道官は、警察が12日にレストランパブで取締りを行い、65人の容疑者を拘束したことを認めている。


最近、プノンペンではバーやパブの取締りが相次いで行われている。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories