日・カンボジア外相電話会談、日本が250億円の緊急財政支援へ

日・カンボジア外相電話会談、日本が250億円の緊急財政支援へ
2020年10月21日(水)16時08分 公開
日・カンボジア外相電話会談、日本が250億円の緊急財政支援へ

<写真:2020年8月、カンボジアでプラック・ソコン外務国際協力大臣と会談する茂木外相>

 

日本の外務省の発表によると、カンボジア時間10月21日午前11時から30分間、茂木敏充外務大臣とプラック・ソコン・カンボジア王国副首相兼外務国際協力大臣が電話会談を行ったという。

 

外相電話会談では、冒頭、茂木大臣が、8月のカンボジア訪問における歓待に改めて感謝の意を表明した上で、9月に発足した菅政権の下、日カンボジア関係を一層推進したいと述べたという。

また、カンボジアで現在発生している大雨・洪水被害に対してお見舞いの言葉を述べ、日本に協力できることがあれば検討する旨を伝えた。

 

プラック・ソコン大臣は、これに対し、茂木大臣の再任への祝意を述べるとともに、両国関係の増進に向けて引き続き茂木大臣と共に働くことができて嬉しいと応えたという。

さらに、大雨・洪水被害に対するお見舞いの言葉に対しても感謝の意を表明したという。

 

電話会談では、茂木大臣の8月のカンボジア訪問のフォローアップ状況を説明し、新型コロナウイルスにより経済的な影響を受けたカンボジアを支援することを目的とした緊急財政支援として250億円の円借款による協力を行う旨を伝えたという。

 

また、茂木大臣はカンボジア都市部の環境改善及び海洋プラスチックごみ対策に関する支援、並びにテロ対策能力を強化するための支援を行う予定である旨を話したという。

 

プラック・ソコン大臣はこれに対し、日本の協力への謝意と新型コロナウイルスとの闘いにおいて両国の連携を一層進めたいとの考えを示した。

 

さらに日本政府の推進する「自由で開かれたインド太平洋」の実現と創立75周年を迎えた国連について安保理改革を含む国連改革において引き続き連携していくことを両大臣は確認したという。

 

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories