プノンペンの日本食料理まとめ|在住者おすすめの和食レストランを紹介

プノンペンの日本食料理まとめ|在住者おすすめの和食レストランを紹介
プノンペンの日本食料理まとめ|在住者おすすめの和食レストランを紹介

プノンペンで日本食を食べたい方も多いのではないでしょうか。

プノンペンには日本食レストランが数多くあります。

中には日本から食材を輸入するほどまでこだわっているお店もあります。

今回は朝食やランチ、ディナーで日本食を食べたい方に向け、「ポステ」が厳選したおすすめの和食レストランを紹介します!

鮨丼丸

「鮨丼丸」は、2021年4月にボンケンコン地区にオープンした日本食レストランです。

入り口の大きな鳥居が目印。

 

「鮨丼丸」では、30年以上の経験を持つシェフによる本格的な和食がリーズナブルに楽しめます。

また、日本人経営のため、衛生管理も徹底されているため、安心。

新鮮な鮮魚は厳選して仕入れ、日本からも直輸入しています。

 

デリバリーも対応しているため、美味しい和食をご自宅や会社でもお楽しみください。

レストラン詳細情報

炭火横丁(Sumibi Yokocho)

「炭火横丁」はプノンペンの63ストリート沿いとトンレバサック(Tonle Bassac)地区、271ストリート沿いに計3店舗構える七輪焼肉屋です。

「炭火横丁」では安価に日本と変わらない品質の焼肉を楽しむことができます。

日本人の利用が最も多いのは1号店です。
特に牛タンを贅沢に使った厚切りタンはリピーター続出の美味しさです。
また、1号店ではお弁当デリバリーサービスを行なっています。焼肉弁当はお肉と改良されたつけダレの相性が抜群。一番人気はカルビ弁当6ドル(約660円)。焼肉専門店のクオリティにやみつきになってしまう人も結構いるのだとか。

2号店はイオンモール近くで、屋根付きのアウトドアスタイル。
店内には灯籠が並び、ビアガーデンのような雰囲気です。

用途に合わせて、行く店舗を選んでみてください♪

「炭火横丁1号店」詳細情報

「炭火横丁2号店」詳細情報

東屋朝食(Azumaya)



「東屋ホテル」は和定食と露天風呂を備えた日本人ビジネスパーソン向けホテルです。モニボン(Monivong)ストリート沿いのプノンペンタワー(Phnom Penh Tower)近くに位置しています。そんな「東屋ホテル」では毎朝和定食を提供しています。

朝6~8時まではビュッフェ形式で幅広い種類の日本のおかずを食べることができます。炊き込みご飯や納豆、サラダ、卵焼き、魚、など日本の食材を使用した料理が幅広く用意されています。朝8時以降は10種類以上のセットメニューから選ぶことができます。東屋の朝食で1日の活力をつけてはいかがでしょうか。宿泊者だけでなくビジターの方も8ドル(約880円)で利用可能です。


レストラン詳細情報

和民(Watami)

日本でもお馴染みの「和民・ワタミ」。プノンペンにも2014年にオープンしました。イオンモール1号店、グラウンドフロアの飲食店が立ち並ぶテラスアベニューに位置しています。駐車場からも近く、上の階まで上る必要もないので便利な立地です。プノンペンの「和民」は「居酒屋」というよりも、「お食事処」の要素も入ったようなお店です。

日本のおつまみを食べながらお酒を飲む場所としてもよし、丼ものやカレー、グリルやボリューム満点の肉鍋などの食事をしてお腹いっぱいになるのもよし。店内には個室席もあるので、プライベートな飲み会や食事会にもおすすめ。プノンペンの「和民」は様々なシーンで利用できます。

 

レストラン詳細情報

真家(Shinya)

「真家( ShinYa)」は2018年9月、新女将のもと再出発しました。 「真家」はプノンペン在住が長い方であれば知らない人がいないであろう日本食レストランです。2018年8月までは三姉妹が経営していましたが、2018年9月から新女将のもと内装外装やメニュー、スタッフは変更なしに再出発。扉を開けると馴染みあるいつものアットホームな空間があります。

 

同僚と仕事帰りに、お疲れの時にお一人で、気の置けない友人と訪れる人で連日賑わっています。カウンター席とテーブル席、また個室が4室用意されています。最大20人収容可能な個室もあるため、大人数での会食にもぴったりです。小料理は3〜7ドル(約330〜770円)前後、ランチ時には定食が5.9ドル(約650円)〜、またランチパーティープランもあり、内容は一人15ドル(約1620円)でセットコース+飲み放題です。ゴルフ後などにいかがですか? パーティープランは予約必須です。

レストラン詳細情報

シャングリラ(Shangri La)

2013年創業、プノンペン初の本格旭川ラーメン専門店「シャングリラ(Shangri La)」。
プノンペンの在住者の中では知らない人がいないと言っても過言ではないほど有名なラーメン店です。

おすすめは豚骨と魚介のWスープの旭川ラーメン。
「最後の一滴まで美味しい」と多くの人をうならせるほどの味わいです。
麺は旭川発祥と言われ、特注ちぢれ麺で、スープとの相性が抜群。

ラーメンの値段は6ドル弱(約600円)ほど。
その他、「シャングリラ」にはおつまみなどの居酒屋メニューも揃っているので、友人との飲み会にもおすすめです。

場所は独立記念塔の奥、「ホテル カンボジアーナ(Hotel Cambodiana)」の近くに位置しています。

レストラン詳細情報

タリーちゃん(Thary Chan Chicken & Khmer BBQ)

「タリーちゃん」こと「Thary Chan Chicken & Khmer BBQ」は2018年末にオープンしたBBQレストラン。場所は日系ビジネスホテル「東屋ホテル」のグラウンドフロアに位置しています。「タリーちゃん」の看板メニューは骨付鳥とクメール風バーベキューです。骨付鳥は塩加減が絶妙で、ついついしゃぶりついてしまいます。やみつき必至。

 

クメール風バーベキューはカンボジア人の一般的な家庭で食べられている調理法を外国人向けに応用したもの。大きなフライパンが用意され、そこにたくさんの野菜とともにお肉を投入します。料金は骨付鳥定食が4.9ドル、BBQセットが7.9ドル〜とリーズナブル。

 

冷えたドラフトビールも用意されているので、東屋ホテルのお風呂上がりにもぴったりです。

 

レストラン詳細情報

 

さくらレストラン

イオンモール1号店にある日本食店「さくらレストラン」。
「さくらレストラン」では安心の日本食料理をリーズナブルな価格で食べることができます。カツ丼やカレーライス、焼きそば、鉄板ステーキは5ドル前後、定食メニューも10ドル以下とリーズナブルです。ご家族や友人とのお食事使いから、お一人でのお食事などにおすすめです。

レストラン詳細情報

シャングリラ翔(Shangri La SHO)

2013年創業の本格旭川ラーメン専門店「シャングリラ」の2号店「シャングリラ翔」。

北海道・旭川の味を軸に据えながら、少しアレンジを加えたつけ麺がおすすめのメニューです。
あっさりした豚骨魚介系醤油つけ麺から濃厚なカニみそ濃厚つけ麺まで、全5種類の中からその時の気分に合わせて、つけダレを選ぶことができます。

北海道ざんぎや豚骨小籠包、餃子など、お酒に合うおつまみも種類豊富。

仕事終わりの一杯に、お1人や友人とのお食事に、〆に。
様々なシーンで利用することができます。

プノンペン中心、ボンケンコンに位置しているので、立地は抜群!

【レストラン詳細情報】

寿司本田(Sushi Honda)

「寿司本田」はボンケンコン(Boeung Keng Kang)エリアに位置するお寿司屋さんです。店内は広々していて高級感がありますが、お値段は炙りサーモンが2ドル(約220円)前後とリーズナブルです。カンボジア人の家族やビジネスパーソンたちが多く訪れています。メニューは寿司だけでなく、誰もが楽しめるように丼メニューなども用意されています。

レストラン詳細情報

雅楽

「雅楽」は63ストリートに位置している高級日本食レストランです。個室が完備されていて、中庭を眺めながら本格和食を食べることができます。コース料理では、豚しゃぶコースやぶりしゃぶコースなどが30ドル(約3300円)〜、会席コースは40ドル(約4400円)〜で用意されており、大事な接待には最適です。ランチでは15ドル(約1650円)前後でお得に本格和食を食べることができます。

レストラン詳細情報

浦江亭(Uraetei)

「浦江亭」は「寿司本田」と系列店の焼肉店です。場所はボンケンコン(Boeung Keng Kang)エリアに位置しています。ベトナムのホーチミンにも多数店舗を出店していることから人気振りが伺えます。「浦江亭」ではリーズナブルなお値段で柔らかいお肉を食べることができます。定評なのはランチメニューです。「浦江亭」は6ドル(約660円)前後で焼肉定食を提供しており、1人からでも楽しむことができます。

レストラン詳細情報

忍者(Ninja)

「忍者」はプノンペンの在住歴が長い人なら誰もが知る有名日本居酒屋です。場所はボンケンコン(Boeung Keng Kang)エリアに位置しています。店内はオープンな造りになっていて、連日日本人がこぞって訪れています。日本のテレビ番組を楽しむことができるのも魅力の一つです。前菜から魚、お肉、揚げ物、焼き鳥、ラーメン等、日本の居酒屋に置いてあるような料理を思う存分に楽しむことができます。料理メニューは3〜6ドル(約330〜660円)のものが多く、リーズナブルです。

レストラン詳細情報

とりてつ(Toritetu)

プノンペンにいると焼き鳥が恋しくなるときがある方も多いのではないでしょうか。「とりてつ」ではプノンペンにいながら美味しい日本のクオリティの焼き鳥を楽しめます。焼き鳥は砂肝やレバーなど幅広く用意されていて、お値段も1本1ドル(約110円)からとリーズナブルであるため足を運びやすいです。

レストラン詳細情報

千代田(Chiyoda)

「千代田」は在住歴が長い人の中では有名なプノンペン唯一の手打ちそば店です。2018年にSt334からSt228に移転しました。店舗は以前よりも広くなっており、そばを手打ちしているシーンも見ることができます。毎週火曜日は「千代田の日」でお得なプロモーションを実施しているので、来店前にFacebookを要チェックです。「千代田」では、自慢のそばだけでなく日日本酒も豊富にそろっており、日本のお酒が恋しくなった方にも最適です。自慢のそばの料金は10ドル(約1100円)前後となっています。

レストラン詳細情報

ラーメンギョーザバーマサムネ(Ramen Gyoza Bar Masamune)

「ラーメンギョーザバーマサムネ」は日本の仙台でラーメン屋を展開するグループの一店舗で、プノンペンではバーが密集しているバサックレーン(Bassac Lane)エリアの中に位置しています。「ラーメンギョーザバーマサムネ」はお店の名前の通り、ラーメンをメインで提供するバーのようなお店です。料理は油そばとラーメン、餃子が人気です。油そばの値段は6ドル(約660円)前後です。

レストラン詳細情報

寿司バー(Sushi Bar)

「寿司バー」はプノンペンではボンケンコン(Boeung Keng Kang)エリアとトンレサップ通りに位置しています。「寿司バー」はベトナムにも8店舗構えている人気店です。お寿司をメイン料理とした居酒屋のようなお店で、広い店内では日本人だけではなく多くのカンボジア人で賑わっています。お寿司の価格は3〜5ドル前後のものが多いです。また5ドル(約550円)前後の寿司バーオリジナルロールも人気です。

レストラン詳細情報

彩の国(Sainokuni)

「彩の国」はボンケンコン(Boeung Keng Kang)エリアに位置する家庭的な日本食レストランです。一番のおすすめメニューが天ぷらです。目の前で揚げてくれるサクサクの天ぷらを試してみてください。料金は5ドル(約550円)前後です。定食をはじめ、お酒のつまみにぴったりのお刺身や魚が人気メニューです。

レストラン詳細情報

ダラ(DARA)

「ダラ」はノロドム通りを横に入った先にある高級焼肉レストランです。本社は日本にあり、お肉はすべて日本の和牛を使用し、日本のクオリティを再現するという徹底ぶりで、カンボジア人の富裕層に大変人気のレストランです。お肉を食べる際には女性スタッフが丁寧に肉を切り分けてくれます。リーズナブルに楽しみたい方は50ドル前後の和牛セットメニューがおすすめです。焼肉屋ではありますが、キムチなどは用意されておらず、和牛の質にこだわったメニュー構成となっています。平均ご予算は50〜150ドルです。

レストラン詳細情報



行きたいお店を見つける
もっと見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

プノンペンに新たにオープンした眼科「Japan Eye Hospital」。創業90周年のパリミキに根付いたDNAで監修する眼科です。院内には、日本全国に600店舗以上展開する眼鏡専門店「パリミキ・メガネ」も併設。日本語対応可能、海外旅行保険利用可能。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの日系ホテル「東屋ホテル」から、日常生活を便利にする家事代行サービスが登場。お家やオフィスの清掃、電気屋や水道管などの修繕、家事の代行など、合計6種類のサービスを利用することができます。東屋ブランドとして、安心・安全のサービスをお届けします。

店舗詳細ページを見る

ボンケンコンにお店を構える「鮨丼丸」は、お店の前の大きい鳥居が目印の日本食レストランです。 経験30年以上の日本人シェフによる本格的な和食がリーズナブルに楽むことができます。 また、デリバリーも受け付けているため、ご自宅でも美味しい日本食が楽しめます。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories