プノンペンの隔離施設から男性が脱走、逮捕後再び隔離施設へ

プノンペンの隔離施設から男性が脱走、逮捕後再び隔離施設へ
2021年06月17日(木)16時30分 公開
プノンペンの隔離施設から男性が脱走、逮捕後再び隔離施設へ

<写真:Khmer Times>

 

プノンペンのセンソック区にある「Hun Sen Borey 100 Khnang High School」から隔離を講じていた男性が脱走する事件が発生した。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

この男性は当局により15日午後4時頃にルセイカエウ区Bak Touk村で逮捕され、再び隔離施設へと送られたという。

情報筋によると、男性は新型コロナウイルスの検査の後、隔離を講じていたものの、隔離から3日後に脱走したという。

 

警察はセンソック区からBak Touk村まで追跡し、男性が家屋の下に隠れているところを発見した。

警察は男性を逮捕して隔離施設へ送り、男性が隠れていたエリアについては閉鎖措置を講じたという。

 

 

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories