100万リエルで自宅隔離を約束、政府職員と警備員を拘束

100万リエルで自宅隔離を約束、政府職員と警備員を拘束
2021年08月20日(金)17時26分 公開
100万リエルで自宅隔離を約束、政府職員と警備員を拘束

<写真:Khmer Times>

 

19日、プノンペンのダウンペン地区にある隔離センターで隔離をしていた夫婦から、自宅での隔離を認める見返りに100万リエルを受け取ったとして、政府職員と警備員を拘束した。

この夫婦は新型コロナウイルスの検査で陽性と判定され、隔離施設へ移っていた。

 

ダウンペン地区警察は、お金を受け取った2人は刑法第377条、第378条に基づいて詐欺の容疑で起訴され、有罪となれば6ヶ月以上 3年以下の拘禁刑及び100万リエル以上、600万リエル以下の罰金が科される可能性があるという。

 

事件が起きたのは16日午後8時30分頃。

政府職員と警備員がBun Rany Hun Sen Wat Phnom隔離センターで隔離措置を受けていた夫婦と面会し、自宅での隔離を認めることの見返りとして100万リエルを受け取ったという。

その後、政府職員と警備員は隔離施設内にいた警察により逮捕され、自動車、携帯電話2台と受け取ったお金が押収されたという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories