セブンイレブン、カンボジア1号店の開業を年末に延期

セブンイレブン、カンボジア1号店の開業を年末に延期
2021年08月25日(水)13時19分 公開
セブンイレブン、カンボジア1号店の開業を年末に延期

<写真:Khmer Times>

 

コンビニエンスストア「セブンイレブン」が、カンボジア1号店の営業開始を延期した。

当初は6月に開業する予定だったものの、年末になる見通しだという。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

カンボジアの店舗は、タイ大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ傘下であるCPオールのカンボジア子会社によって運営される。

30年以上に渡りタイ国内でセブンイレブンの運営を行うCPオールは、昨年5月、カンボジアでセブンイレブンのマスターフランチャイズ権を取得していた。

 

CPオールのクリアンチャイ最高財務責任者(CFO)は、現状について事業展開に向けた準備を進めている段階だとし、年末には1号店を開業できる見込みだと明らかにした。

1号店はプノンペン北部のプレークプノウ区に店舗を構え、飲料や軽食、支払いなどの金融サービス、配達などのサービスを提供する。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories