カンボジア:1月〜3月の外国人観光客数、前年同時期114%増

カンボジア:1月〜3月の外国人観光客数、前年同時期114%増
2022年04月01日(金)14時27分 公開
カンボジア:1月〜3月の外国人観光客数、前年同時期114%増

<写真:The Phnom Penh Post>

 

カンボジアは、1月〜3月の間に計15万1680人の外国人観光客を受け入れ、前年同時期と比較して114%の急増が見られた。

 

観光省のKong Sopheareak氏は記者会見で、1月〜3月の観光客数は空路が8万6588人、陸路が6万3048人に達し、前年同期比158.2%、68.7%増となったことを明らかにした。

また、水路で入国した人は2044人だったという。

 

トンコン観光大臣は、燃料価格の上昇が顕著であるにも関わらず、今年のクメール正月休みには国内全体の観光が回復するだろうとしており、大型車両での移動など、旅行者はコストを削減した移動方法を模索すると予想している。

 

観光省によると、昨年、カンボジアは前年比85%減の外国人観光客計19万6495人を受け入れ、国際観光収入は10億2300万ドル(約1252億円)から前年比82%減少し、1億8400万ドル(約225億円)となった。

観光・旅行業の2021年の国内総生産(GDP)に占める割合は1.8%で、2020年と2019年にそれぞれ記録した3%、12.1%から低下している。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories