カンボジアが入国制限を緩和 到着ビザ再開、隔離や検査なしに

カンボジアが入国制限を緩和 到着ビザ再開、隔離や検査なしに
2022年03月17日(木)13時42分 公開
カンボジアが入国制限を緩和 到着ビザ再開、隔離や検査なしに

<写真:AKP>

 

フンセン首相は、カンボジアの観光や貿易、投資を促進するため、入国規制を緩和するための新しい措置を発表した。

 

この発表によると、カンボジア到着の72時間以内のPCR検査での陰性証明書や、空港到着時の迅速検査が不要となった。

さらに、空路、陸路、水路で到着ビザの発給も再開した。

 

新型コロナウイルスのワクチンを必要回数接種していない場合、保健省や関連当局が指定する場所で14日間の隔離を講じる必要がある。

 

今回の緩和により、約2年間に及ぶパンデミックで大きな打撃を受けた観光産業の復興が期待される。

また、フンセン首相は、ワクチン接種やその他の予防策を通じて、新型コロナウイルスとの闘いを継続していくとしている。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories