会社から約5100万円以上を横領、男性を起訴

会社から約5100万円以上を横領、男性を起訴
2022年04月22日(金)15時07分 公開
会社から約5100万円以上を横領、男性を起訴

<写真:Khmer Times>

 

プノンペン市裁判所は21日、2019年〜2021年にかけて収支報告書を偽造し、勤務先の会社から40万ドル(約5100万円)以上を横領した罪に問われている男性を拘束し、起訴した。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。
 

Ham Mengse捜査判事によると、被告人は地元の建設会社「ABSD Construction Co Ltd」の執行役員Ly Sidoeun被告(35)である。

同被告は刑法第393条「取締役及びその他の人による特別背任」の罪に問われており、有罪の場合には、2年以上〜5年以下の拘禁刑が科される。

 

プノンペンの刑事警察署によると、被告は横領疑惑で会社の代表者から訴えられていた。

2019年、被告は売上の管理権限を持つ執行役員に就任した。その後、2021年までの間に領収書や支出報告書を偽造し、会社から40万ドル以上の詐取を行なったとみられる。

 

同署によると、会社の代表者は、毎年の赤字計上と協力会社から建設資材を借りなければならない状況下にあることを疑惑に感じ、独立監査人を雇い被告による支払いと財務報告書の確認を行ったことで横領が発覚した。
 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories