カンボジア、昨年より自然災害件数が減少も雨季に向け警戒呼びかけ

カンボジア、昨年より自然災害件数が減少も雨季に向け警戒呼びかけ
2022年06月03日(金)11時45分 公開
カンボジア、昨年より自然災害件数が減少も雨季に向け警戒呼びかけ

<写真:Khmer Times>

 

今年1月〜5月のカンボジアにおける自然災害は、昨年同期に比べて少なかったと国家災害管理委員会(NCDM)が発表した。

 

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

Soth Kim Kolmony報道官は、6月は荒天が昨年に比べて減少すると予測している。

 

NCDMによると、バッタンバン州では昨年に数回の落雷が発生したが、今年は落雷や強風が少なく、暑さが和らいでいる。

 

同報道官は、「自然災害の件数は減少しているが、発生しないわけではない」として、落雷から身を守る必要性について語った。

 

また、山間部や沿岸沿いの州では、強風や雷に注意するよう呼びかけ、6月〜8月にかけて鉄砲水が発生する可能性があると警告した。

 

4月以降、地方では鉄砲水が相次いでおり、メコン流域の降雨により、川沿いの地域では洪水が発生する可能性があると報道されている。

 

水資源気象省は、Bassac Chaktomuk水文観測所のメコン川の高さが9.65mに達し、危険水位である10.50mを下回ると予想した。

 

NCDMの Kun Kim氏は、自然災害につながる可能性のある雨季に備え、警戒するよう国民と各レベルの地方当局に呼びかけている。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories