2022年第1四半期末の公的債務総額は98億ドル カンボジア

2022年第1四半期末の公的債務総額は98億ドル カンボジア
2022年06月17日(金)17時10分 公開
2022年第1四半期末の公的債務総額は98億ドル カンボジア

<写真:Khmer Times>

 

2022年第1四半期末のカンボジアの公的債務状況によると、カンボジア王国政府の公的債務総額は98億1000万ドル(1兆3213億5300円)で、その内訳は二国間開発パートナーが68%、多国間開発パートナーが32%であることが明らかになった。

 

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

2022年第1四半期、カンボジア政府は開発パートナーと総額3億1724万ドル(約426億9400万円)、2億2821万SDR(特別引出権)に相当する新規譲許的融資を締結し、法律で認められた上限額の14%を占め、そのうち52%が二国間開発パートナーと、48%が多国間開発パートナーと署名したと報告した。

 

これらの新規譲許的融資は、長期的な持続可能な経済成長と、経済生産性の向上を支援する優先分野の公共投資プロジェクトへの資金提供を目的としている。

 

経済財務省による公的債務状況報告書によると、カンボジアの対外債務のうち、中国が40.72%、多国間パートナーが34.33%を占めており、残りは他の国への債務である。

 

Aun Pornmoniroth財務大臣は「カンボジアの公的債務の現状は、カンボジア経済が新型コロナウイルスの蔓延などの外部要因の影響を受けているにもかかわらず、持続可能でリスクが低く、管理可能と評価される」と述べている。

 

カンボジア王立アカデミーの経済アナリストであるHong Vannak氏は、「カンボジア政府が100億ドル近くの債務について公言したのは、債務レベルがGDPの約23%であり、緊急レベルであるGDPの約40~50%にはほど遠いためだと考えられる」と述べた。

 

また、財務省は歳入と歳出のバランスと、国債債務の金利返済に関連するコストに注意を払っているとし、政府は世界銀行やアジア開発銀行、開発パートナーなどの貸し手からさらなる借入が可能であると続けた。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories