強風で蜂の巣が落下、少女が複数箇所を刺され死亡 スバイリエン州

強風で蜂の巣が落下、少女が複数箇所を刺され死亡 スバイリエン州
2022年08月24日(水)16時28分 公開
強風で蜂の巣が落下、少女が複数箇所を刺され死亡 スバイリエン州

<写真:Unsplsh>

 

スバイリエン州で7歳の少女が蜂に複数回刺され、多臓器不全により死亡した。クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

情報筋によると、Chek地区Melong村に住む少女は22日午後4時30分頃、Taben湖の河口で牛の放牧をしていた祖父と畑へ行くため、自転車に乗っていた。

 

自転車で湖に向かう途中、強い風が吹いてヤシの木から蜂の巣が地面に落ち、飛び出してきた蜂に複数箇所を刺された。

 

少女は祖父に助けを求め、スバイリエン州リフェラル病院へと搬送された。

 

同病院の医師によると、毒は少女の腎臓や脳、心臓、呼吸器系などの重要な臓器まで達していたという。

 

少女の容態は2時間以上経過しても深刻で、午後8時10分に家族の強い要請により救急車でプノンペンのKantha Bopha病院へ搬送することを決定した。

 

しかし、少女が病院に到着した午後10時15分には死亡していたという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories