2023年度予算案、総額88億5000万ドルを提案

2023年度予算案、総額88億5000万ドルを提案
2022年11月25日 16時30分 公開
2023年度予算案、総額88億5000万ドルを提案

<写真:Khmer Times>

 

カンボジア経済財務省が提出した2023年度予算案によると、来年度の予算は総額88億5000万ドル(約1兆2270億円)の予定である。

 

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

同省の声明によると、国民議会(NA)は11月29日に2023年度予算案を審議する予定である。

 

プノンペン都へは他の地域より多い8億3100万ドル(約1152億8172万円)が分配され、そのうち3億7016万ドル(約513億140万円)が首都開発に費やされる予定となっている。

 

カンダル州へは5013万ドル(約69億4864万円)、シェムリアップ州へは3169万ドル(約43億9342万円)、シアヌークビル州へは3125万ドル(約43億3242万円)が割り当てられる。

 

その他、パイリン州は657万ドル(約9億1097万円)、ケップ州は706万ドル(約9億7890万円)、ストゥントレン州は783万ドル(約10億8567万円)の予算となっている。

 

2023年度予算案には教育省への8億6582万ドル(約1200億2732万円)、国防省の6億6408万ドル(約920億4580万円)、保健省の4億9210万ドル(682億825万円)も含まれる。

 

クメールタイムズは24日時点で、経済財務省のMeas Soksensan報道官から予算案に関するコメントを得られていないという。

 

カンボジア人権開発協会(ADHOC)のSoeng Senkaruna報道官によると、カンボジアは国家予算不正流用や汚職、非公式な支出で批判されており、予算承認が非常に重要である。

 

同報道官はまた、「予算が適切に使用されない、実行されない場合には国家予算の無駄遣いとなる。国の発展が遅くなれば弱い立場の人々が苦しみ続けることになる」と指摘した。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2023 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories